ゆるく生きる

ゆるく生きるために、考えます

スポンサーリンク

【やってみた】ナゴヤドームへの食べ物や飲み物の持ち込みは可能なのか。

こんにちは、名古屋生まれで一応ドラゴンズファンのキノピーです。

先日、久しぶりに野球観戦でナゴヤドームに行ってきましたが、そのときに飲食物の持ち込みについて気になったので紹介します。


球場のビールは1杯700円


さてさて、野球観戦といえばビールにおつまみがつきものですよね。でも、球場のビールや食べ物はなんであんなに高いんでしょう。

ビール一杯の値段が700円。なんとかならないもんでしょうか。

できればもっと気軽にアルコールを楽しみたいという人は、食べ物や飲み物の持ち込みができればいいのになあと考えるのは当然だと思います。


ルールでは持ち込み禁止


では、ナゴヤドームのルールはどうなっているのでしょうか。

ナゴヤドーム公式サイトでは次のように書かれています。

ナゴヤドームでは以下の持ち込みを禁止しています
■ビン・カン類・ペットボトル・飲食物・アイスボックス類

ドームからのお願い(プロ野球時) | ナゴヤドーム

残念ですね。でも、本当にできないのでしょうか。

 

f:id:atsushi912:20180609091845j:plain今回、久しぶり(おそらく5年ぶり)のナゴヤドームだったのですが、以前と変わっていてちょっとびっくりしたことがあります。

ナゴヤドームの横にはイオンモールナゴヤドーム前店があって、以前は球場に向かう通路で大体的にお弁当やらおつまみを売っていたのです。「持ち込み禁止」と書かれた看板の前で堂々と。

そして、店員さんは、持込可能ですよと説明していたので、ナゴヤドームに行くときはいつもイオンでおつまみを買って入場していたんですね。

実を言うと、イオンはドラゴンズの大スポンサー。わざわざナゴヤドームの横に出店したのは、球場にくる客の消費を期待してのことでしょう。
当然、そこで買った飲食物を球場持ち込み禁止にできるわけもなく、持ちつ持たれつの関係を気づいていたというのが名古屋人の通説でした。

ですから今回もおつまみの調達はイオンでしようと球場に来たら、地下鉄の駅をおりたところで「持ち込み禁止」の看板をもって待ち構えている係員の人がいるではありませんか。

あれあれ、と思いながら進むと、通路では一切お弁当等は売っていません。

ルールが徹底されたのかなとちょっと心配になりながら、まあ、取り上げられたらそれはそれでとまずはイオンに向かい、焼鳥、ポテトフライ、お寿司等を購入して球場へ。


手荷物検査はあります


球場の入り口では、テロへの警戒という名目で持ち物チェックがあります。緊張しながら通りましたが、カバンなどを軽く見る感じで、ほぼ素通りでした。

おいらの前に通った人はイオンの袋に惣菜がいっぱい入っていたのに、これも素通り。

基本的に持ち込みに対する姿勢は前と変わっていないうようです。


飲み物は


ナゴヤドームが飲食物の持ち込み、特に飲み物の持ち込みを禁止している理由は、「ビン・缶・ペットボトル」が投げ込まれると危ないから、というわけでペットボトル等を持っていると取り上げられますが、中身を紙コップに移し替えれば持ち込み自体はOKなんですよ。しかも紙コップはいただけます。

なかには缶ビールを持っていって、入り口で紙コップに移し替える人もいます。


持ち込みは半ば認められたものといってもよいかと思います。

 

結論


もちろん、ルールはあるので、破るのは気が引けるという人もいるかと思いますが、ルールを守らせるならもっと徹底的にやるべきだし、いまの曖昧な感じでは持ち込みを許可していると取られてもしかたないないと思いますね。


というわけで、ナゴヤドームへの飲食物の持ち込みは可能です。

この情報が少しでもお役に立てば幸いです。