ゆるく生きる

ゆるく生きるために、考えます

スポンサーリンク

日大アメフト部悪質タックル問題について考える。これは加害選手によるテロなのか。

f:id:atsushi912:20180524165546p:plain

マスコミの餌食


日本大学と関西学院大学とのアメリカンフットボールの交流戦で行われた悪質タックルにかかわる問題が世間を騒がしている。

映像そのものがどぎつくてニュースとして取り上げやすいうえに、日本大学が順当にネタを仕込んでいるため、ワイドショーを始めとするマスコミの格好の餌食となっている。

そして、登場人物もますます拡大し、被害選手の父親が出てきたかと思えば、加害選手が記者会見を開き、日大の監督とコーチの記者会見では、司会の日大広報部の職員が凄まじいまでの活躍を見せつけた。

起こったことや、関係者の発言については、皆さんもうご存知だろうし、様々な意見が発信されている。

なので、このほとんど誰も見ることのないブログでわざわざ説明はしない。しかし、みなさんがあまり触れない点で、どうにも気になることがあるのだ。


あまりにも下手


加害選手に、コーチや監督から反則の指示があったにしろ、本人の思い込みだったにしろ、あのタックルが故意の反則であったことは確定している。

だが、あまりにも下手すぎないだろうか。

私はアメフトについはまったくのシロートだが、どんなスポーツにも反則すれすれのラフプレーはあるだろう。

それはたとえ相手が怪我しても仕方がないというような思いから行われた行為だとしても、通常のプレーの中で行われるのが普通だ。
「潰せ」という言葉をどうとらえたとしても、あのプレーにはつながらないと思う。

アメフトのような接触プレーの激しい競技において、もっと自然に相手を「潰す」プレーはもっと簡単にできるのではないだろうか。

だから私は、今回の悪質タックルは、加害選手がわざと下手くそにやって、問題を表面化させようとしたのかなあと思っている。

この試合の前で、加害選手はもうアメフトを嫌になっていたと発言している。

だから、この反則は、加害選手が明確に意識していたかどうかはかかわらず、せめてもの反抗ではなかったのではないだろうか。

そういう意味であったとしたらすごくうまく行ったことにはなるが。